4.7.13

ゲティスバーグの戦いの150周年記念

7月1-3日1863年に、アメリカ南北戦争の有名なゲティスバーグの戦いが起こられました。その戦いは南北戦争で死傷が一番多かった戦いでした。さらに、戦争の転機でした。今、ゲティスバーグに国立公園がある。毎年、そこで戦いを再現します。今年は150周年記念だから、すごく大きいイベントになった。
この人は看護兵について話しました。その時代の医療器具もあった。
エイブラハム・リンカーンに会った。
戦いの再現を見るのは高かったから、行かなかった。でも、下にあるビデオでちょっと見えます。

21.6.13

ジュビリー・デー

ジュビリー・デーは祝日ではない。でも、毎年メカニックスバーグという町にジュビリー・デーの祭りがある。
この祭りのためにメインストリートで露店がたくさん建てられた。食べ物を売っている露店が多かったです。音楽や小さいふれあい動物園やスケートのショーもあった。この祭典の理由を知らない。


ジュビリー・デーはすっごく人気のある祭りだけど、私にとってまあまあおもしろかったと思った。

27.5.13

戦没者追悼記念日

(phdelicious.comから)
今日は五月の最後の月曜日で、戦没者追悼記念日です。この記念日が始まった時は南北戦争の後でした。今、この日に全部の戦没者を尊びます。墓地に行く人が多いです。

戦没者追悼記念日にほとんどの仕事は休みだから、旅行する人とバーベキューする人も多いです。

さらに、ペンシルバニア州で戦没者追悼記念日に、ライセンスなしで釣ることができる。戦没者とただの釣りは関係がないと思います。
私と妹

30.3.13

イースター

キリスト教の中で、
イースターはイエス・キリストが復活したことを記念する日です。キリスト教でイエスが人類のために死んで、三日後で復活したことは信じられている。だから、重要な日です。イースターにクリスチャンはたいてい教会の特別な礼拝に行く。
それで、これもある・・・











宗教以外、
今年、いとことイースター・エッグ・ハントをした。
子供がイースターのウサギからお菓子をもらいます。そのウサギは卵を産めるウサギで、その卵の中にお菓子がある。教会か自分の家の庭で、イースター・エッグ・ハントをします。イースター・エッグ・ハントは、大人がお菓子が入っている卵を隠して、子供達が探すことです。さらに、ゆで卵を彩ります

それはイースターです。


英語の単語:イエスの復活=Jesus's Resurrection イースターのウサギ=Easter bunny 卵=Egg(s)

26.2.13

私の家

アメリカの家は色々あります。私のは市外で普通です。
1929年に建てられて、その後で部屋が一つ追加された。ガレージは別だけど、他の家に家と一緒のガレージもある。その庭と草が家の後ろにもあるから、芝刈りはめんどくさいだ。


家に入ると玄関のかわりに、この部屋が見える。右にダイニングルームがあって、まっすぐに台所があって、左に階段がある。

アメリカの家にも靴を脱ぐ所が時々ある。私の家で皆は靴を脱ぎます。でも、もし家族以外が来たら、「靴を脱がなくてもいい」と言います。

お手洗いは日本のと違う。トイレとシャワーは同じ部屋にある。それで、お風呂とシャワーは一緒です。さらに、アメリカでウォシュレットを見たことはない。

私はたいていリビングルームにいる。左の方に(ガスの)暖炉があるけど、あまり使わない。

それで、私の家です。全部の写真をここに見える


英語の単語:家=House 部屋=Room お手洗い=Bathroom 台所=Kitchen

4.2.13

スーパーボール・サンデー

Source: ibtimes.com
(ibtimes.comから)
アメリカでスーパーボール・サンデーは祭日のようです。その日、最後のフットボールの試合がテレビで見えます。スーパーボールパーティーが多いです。そのパーティーで、スポーツファンはたいていビールを飲んだり、いっぱい食べたりしながら、試合を見ます。
去年、私のスーパーボールパーティー
スーパーボールパーティーの食べ物は鳥の手羽、ピザ、チップスとサルサなどの高カロリーな食べ物です。
(amybsells.comから)
さらに、スーパーボールのCMは有名です。スーパーボールを見る人がたくさんいるから、その時間のCMはとても高くて、おもしろいCMが多い。今年のはあまり面白くなかったと思ったけど、これは一つ:
彼の染みが有名になって、でも彼の妻は他のチームが好きだったからシャツを洗った。洗濯洗剤のCMです。この次のは2011年からのCMです:


それはスーパーボールです。

11.1.13

ファームショー

ファームショーというのは私の町の近くにある農場のイベントです。毎年、一週間でこのイベントがあります。いくつかの大きい建物に農場からの動物がたくさんいます。コンペティションとおいしい食べ物もあります。$10の駐車料金で、ファムショーに入れたり、動物を触れたりします。
最初に牛を見ました。早く来たので、まだ混んでいない。
次に、ヤギとラマとアルパカを見た。このヤギのあごひげはかっこいいと思う。
その後で、鳥のところに行った。おんどりの声がうるさかったから、ビデオを撮った。鶏、あひる、七面鳥、とガチョウがいました。



次にウサギを見ました。触ることができたウサギもいました。とても柔らかかった。
ちょっと悲しそう・・・
最後に、馬と羊を見て、昼ごはんを食べて、帰りました。
これはバターで作られた。昼ごはんではない。
動物はかわいくて、私は楽しみました。もし一月にハリスバーグに来たら、ファームショーに行って見てね!

1.1.13

大晦日と元日

アメリカより日本のお正月の方が大したものです。アメリカで大晦日に休んでいる店は少なくて、元日にも開けている店もある。

でも、お正月の伝統がいくつかあります。

私は行ったことがないけど、大晦日のパーティーがたくさんあります。そのパーティーに行く人はお酒をいっぱい飲むそうです。それで、新年になるとき、誰かをキッスするのが多いです。

子供達は時々新年になるときに鍋釜類で騒ぎます。

私の家族の伝統はテレビでニューヨークシティにあるカウントダウンのイベントを見ることです。そこで、道はすごく混んでいる。有名な歌手は歌って、他の有名な人は話します。でも、面白いことは巨大なボールが落ちることです。そのボールが落ちたとき、新年になります。他の町は他のものを落とします。私の町の近くに大きいレンチとピクルスとイチゴとバラを落とす町があります。その後で、花火と紙吹雪がある。そして、「Auld lang syne」(ほたるの光)と言う曲が再生されます。

最後に、新年の抱負を作る。日本のと同じだと思います。「ダイエットをしたい」と「毎日を楽しみたい」はよく言われていると思う。私のは仕事を見つけることです。

じゃあ、これで、明けましておめでとうございます!

英語の単語:大晦日=New Year's Eve 元日=New Year's Day 明けましておめでとう=Happy New Year!